注目の乳酸菌「ロイテリ菌」
全身を司る体内菌
医師に聞く 健康のカギとロイテリ菌
菌活生活Side Stories

日本人の健康寿命は短い?!

日本人の
平均寿命
健康寿命

日本人の平均寿命と健康寿命グラフ 日本人の平均寿命と健康寿命グラフ

出典

  • 平均寿命 : 厚生労働省「平成25年簡易生命表」
  • 健康寿命 : 厚生労働省「平成25年簡易生命表」「平成25年人口動態統計」「平成25年国民生活基礎調査」、総務省「平成25年推計人口」より算出
※健康寿命は日本全国の平均値です

日本人の平均寿命は、
医療の発達とともに延びています。
しかし、厚生労働省の調査によると、
健康なカラダで生きることを
楽しむことが出来る健康寿命との間には
大きなギャップがあります。
他国では平均して7年程度の寝たきり期間が、
日本人男性では9.02年、女性では12.4年にも
達していたのです。

このギャップは投薬などの治療だけで
埋めることは難しく、食生活や運動、
そして全身を司る体内菌のバランスを
コントロールすることで改善する必要があります。

体内菌と上手に付き合う最新の予防医学

バクテリアセラピー

私たちヒトのカラダには、約2kgもの菌が存在しています。
いい影響を与える善玉菌、悪い影響を与える悪玉菌のそれぞれがバランスを取りながら共存しています。
その体内菌バランスが崩れると、歯周病、発熱、炎症、アレルギーなど様々な不調が現れることが報告されています。
そこで今、投薬治療のみに頼らず、健康を保つ方法として注目を浴びているのがバクテリアセラピー。
バクテリアセラピーとは、優れた善玉菌(プロバイオティクス)によって、体内に存在する悪玉菌と善玉菌のバランスをコントロールする世界最先端の予防医療技術です。
ノーベル生理学・医学賞の審査本部があるスウェーデンのカロリンスカ医科大学が中心となって開発されました。現在、世界63の国と地域の医療機関が導入し、健康維持効果・安全性について高く評価されています。
そして、子どもや高齢者にも副作用がなく、90以上の医療機関でバクテリアセラピーに活用されているのがロイテリ菌なのです。

バクテリアセラピー

医師に聞く!

健康のカギと
ロイテリ菌

西田亙先生写真

西田 亙 先生
「糖尿病予防は
お口から」

歯周病によって炎症を起こした歯茎は万病の元。口腔内の悪玉菌が歯茎の血管を経由し血液を通じて全身をめぐり、動脈硬化、糖尿病・胃腸炎などの慢性炎症、更に産婦人科領域では低体重児、早産、死産を引き起こす原因になることが報告されています。近年、歯周病が多くの疾患に関係していることが世界中の医師達の間でも話題になっていま...

もっと読む

スヴァンテ・トゥヴェットマン博士写真

スヴァンテ・トゥヴェットマン博士
「殺菌でなく
菌活を!」

スウェーデン発の最先端予防医療として注目を集めるバクテリアセラピー。投薬などの医療行為のみに頼らず、菌による口腔内・腸内環境の改善が健康への近道だということが、数々の研究によって明らかになってきました。良い菌まで殺してしまう「殺菌」ではなく、菌と上手に付き合う「菌活」という言葉も各所で取り上げられ始めています。...

もっと読む

News

ロイテリ菌のメディア掲載