2018.10.17

ロイテリ菌と虫歯

予防医療で歯を残せる可能性は格段に上がる!歯周病と入れ歯の関係

予防医療で歯を残せる可能性は格段に上がる!歯周病と入れ歯の関係

予防医療で歯を残せる可能性は格段に上がる!歯周病と入れ歯の関係

かつて歯科医院と言えば「歯が痛くなったら治療してもらうところ」という考え方が主流でした。

しかしそれでは、悪くなったら削り、また悪くなったら削りを繰り返して、最終的には歯を失ってしまうことになってしまいます。

その悪循環を断ち切るために、虫歯や歯周病を未然に防ぐ予防医療が重要視されるようになってきました。

すでに欧米では一般的な考え方となっていますが、日本で注目されるようになったのはごく最近のことです。

今回は、予防医療の必要性と期待できる効果についてご紹介していきます。

1.予防医療とは

予防医療とは、病気になる前から予防に努めて、健康な身体を維持することです。歯科においては、虫歯や歯周病などに罹る前に予防することを目的としたケアになります。

日本では痛くなってから治療することが多いため、予防歯科に対する認知度は低いのが現状ですが、虫歯や歯周病になる前の段階できちんと対策をしなければ、大切な歯を守ることはできません。

歯は一度削ってしまうと二度と元には戻らないため、虫歯と歯周病でその場しのぎの治療を繰り返していては、やがて歯を失ってしまいます。

歯がなくなった場合には、入れ歯が必要になりますが、入れ歯にすると、固いものが噛めない、発音がしづらい、痛みや違和感があるといったデメリットが生じる可能性があります。

一生自分の歯を残すためには、治療よりも予防に力を入れることが重要です。定期的な歯科検診と日々の口腔ケアを行うことによって、虫歯や歯周病のリスクが軽減されれば、自分の歯を残せる可能性が高くなるでしょう。

2.予防医療で期待できる効果

予防医療で期待できる効果には、次のような3つがあります。

効果①.虫歯や歯周病を防ぐ
効果②.全身の健康維持に役立つ
効果③.自分の歯を多く残せる

効果①.虫歯や歯周病を防ぐ

虫歯や歯周病を防ぐことは、予防医療の大きなメリットです。

虫歯や歯周病の原因である歯こうは、歯みがきでは取り除くことができないため、歯科医院で取り除いてもらう必要があります。

そうすることで、虫歯や歯周病になるのを防ぐことができますし、仮に虫歯や歯周病になったとしても、自覚症状がほとんどなく自分で気づけないような初期段階で治療できるため、ダメージを最小限に抑えることができます。

効果②.全身の健康維持に役立つ

歯の予防医療は、全身の健康維持にも役立つと考えられています。

歯周病菌は口腔内にとどまらず、唾液や血液を介してあらゆる臓器や組織に入り込み、心疾患や糖尿病などの病気を引き起こす恐れがあります。

予防医療で歯周病を未然に防ぐことは、口の中だけでなく、全身の健康維持にも役立つでしょう。

効果③.自分の歯を多く残せる

自分の歯を多く残すことはたくさんの人の希望です。若いうちから予防医療を取り入れることによって、高齢になっても健康な歯を保ち続けることができます。

厚生労働省や日本歯科医師会は、日本の高齢者の残存歯数の少なさに危機感を覚えて「8020(ハチマルニイマル)運動」を提唱しました。8020運動とは、80歳になっても自分の歯を20本残そうという運動です。

8020達成者の割合は、平成元年の発足直後は7%程度にとどまっていましたが、平成28年度には51.2%と過半数を占めています。このことからも、予防医学に取り組むことで、歯を残せる確率が飛躍的に上がることがわかるでしょう。

3.予防医療の方法

予防医療の方法には、大きく分けて次の2つがあります。

方法①.口腔ケアを行う
方法②.定期的に歯科医院へ通う

方法①.口腔ケアを行う

口腔ケアを行うことで、歯を失う二大要因である虫歯と歯周病を防ぐことができます。

口腔ケアの基本は、毎日の歯みがきです。丁寧なブラッシングを行い、虫歯菌や歯周病の温床である歯こうをきちんと取り除きましょう。

方法②.定期的に歯科医院へ通う

定期的に歯科医院へ通うことは、虫歯や歯周病を予防するために大切です。

日頃のブラッシングでは落としきれない歯こうや歯石を歯科医院で取り除いてもらうことで、口の中の健康を維持することができます。

4.予防医療先進国と日本の違い

日本では、虫歯になり治療のために歯医者に行く人が多いですが、予防歯科先進国であるスウェーデンやアメリカでは、虫歯になる前に予防のために歯医者に行く人が多いです。

調査によると、日本では70歳の残存歯数が16.5本だったのに対し、スウェーデンでは21本で、若い時とさほど変わらない本数の歯を維持していました。このことからも、予防医療がいかに歯の寿命に影響を与えるかが伺えます。

5.まとめ

従来の「痛くなったら治療する」方式では、生涯を通して自分の歯を維持することは非常に難しくなります。予防医療を取り入れることで、自分の歯を少しでも多く残せるようにしたいものです。

歯はなくなって初めて、その大切さがわかります。いつまでも自分の歯で食事を楽しめるよう、日頃から口腔内のケアに取り組みましょう。

最新の予防医学 バクテリアセラピーxWHO/FAO認定のプロバイオティクス ロイテリ菌

その他おすすめの記事