2018.10.04

ロイテリ菌と菌活

ロイテリ菌が菌活に良い理由|ロイテリ菌と菌活の関係

ロイテリ菌が菌活に良い理由|ロイテリ菌と菌活の関係

乳酸菌は、整腸作用をはじめ健康に良いことは知られています。

乳酸菌には多くの種類がありますが、最近なにかと注目されているロイテリ菌は、数ある乳酸菌の中でも「スーパー乳酸菌」と呼ばれていることをご存じでしょうか。

今回は、体内の菌の種類や役割について解説するとともに、菌活にロイテリ菌を使用することがどんな良い効果をもたらすのかをご紹介していきます。

菌活では、胃や腸の中の菌環境改善がメインですが、ロイテリ菌は、胃や腸の中だけでなく、口の中の環境も整える事ことができるので、菌活をする際はとてもおすすめです。

1.菌活の「菌」の特徴とは

菌活とは、主に腸内に住む菌のバランスをコントロールして、菌たちが生活しやすい環境を整える活動です。

腸内の善玉菌を適切に保ち、菌と仲良く共存していくことが、健康維持の秘訣となります。

菌は、地球上に100万種以上いると言われている微生物で、人の体内にも住みついています。

体内にいる菌は、フローラと呼ばれる集団を形成しており、正常なバランスで形成されたフローラは、病原細菌の攻撃から私たちの体を守ってくれます。

中でも腸内フローラは、脳や他の臓器に関与する物質を作り出すことがわかっており、健康維持に深く影響しています。

2.善玉菌を優勢に保つための菌活

体内の菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分けられ、およそ2:1:7の割合で存在しています。

善玉菌が優位に立つと人体に良い働きがもたらされますが、悪玉菌が優勢になると、フローラが崩れ健康に損ねてしまうことがあります。

そこで、健康維持のためには腸内の善玉菌を優勢に保つことが大切になり、そのための活動が「菌活」です。

3.ロイテリ菌とは

ロイテリ菌とは、人の体に存在する乳酸菌の一種でWHO/FAOが要求している「人間の健康に有益な影響を与える条件」を満たしています。

他の菌に比べて酸に強く、生きて腸まで届くのが特徴です。

そんなロイテリ菌には、悪玉菌を抑制する効果があると言われています。

また、ロイテリ菌には、免疫システムをコントロールする力があるため、アレルギーやアトピーの治療に役立つとされています。

ロイテリ菌は薬ではなく、人の体にもともとある菌です。そのため副作用が起きる心配もありません。

4.菌活とロイテリ菌について

ロイテリ菌の力は、世界の医療現場でも活用されています。そんなロイテリ菌は、菌活においても大きな役割を果たしてくれます。

ロイテリ菌は生きて腸まで届くため、腸内で効果が期待できるのはもちろん、食事だけではなかなかカバーできない口腔内や胃にも効果があるとされています。

また、ロイテリ菌そのものにも、さまざまな効果があることが多数の治験によって証明されており、優れた善玉菌によって体内の悪玉菌と善玉菌のバランスをコントロールする「バクテリアセラピー」という予防医療技術にも使われています。

5.菌活にロイテリ菌を取り入れる方法

菌活にロイテリ菌を取り入れるためには、ロイテリ菌を含む食品を摂取し、菌活に欠かせない生活習慣を身に付けることが大切です。

ロイテリ菌は元来、母乳を通じて人の体内に定着していましたが、現代ではライフスタイルの変化により失われてきているとされており、体内にロイテリ菌を増やすためには、外から摂取するのが有効です。

現在は、ロイテリ菌を含むヨーグルトやサプリメントが開発されているので、それらを使って菌活に役立てましょう。

菌活には規則正しい生活を心がけ、摂取したロイテリ菌が力を発揮しやすい環境を整えましょう。

6.ロイテリ菌の研究と活用

ロイテリ菌の効果や安全性については、ロイテリ菌の製品が利用されている100以上の国と地域で実証され、研究論文も多く公開されています。

数ある乳酸菌の中でも圧倒的な臨床実験実績を誇り、具体的な疾患治療へ活用する研究も進められています。

ロイテリ菌は、歯周病治療や口腔衛生の管理、胃腸性疾患やピロリ菌への対応、免疫向上によるアレルギーの抑制などに効果的なことが、臨床実験で証明されています。

7.まとめ

善玉菌の代表格である乳酸菌の一種、.ロイテリ菌には、免疫向上や悪玉菌の抑制などの効果があると認められています。

ロイテリ菌は、世界の医療機関でも活用されており、日常の菌活に取り入れてみるのもよいでしょう。

その他おすすめの記事